下村裕篤について

管理職の方へ〜下村からのメッセージ

目次

大きな責任を受け止め、毎日がんばっているあなたに共感を覚えます

私はマネージャーとして多くの失敗と葛藤を経験してきました。マネージャーになったばかりの頃はプレイヤーとしての仕事に終始して、気づけば部下は誰もついてきていない「一人旅のリーダー」になっていました。多くの部下をリードする立場になっても、仕事の成果に関する対話に終始して、部下を成長させる視点が欠けていました。さらに、結果さえ出せばいいという間違った考えで上司への報告をおざなりにして、信頼を下げてもいました。

あなたはマネージャーとしてうまくやっていますか?

私はマネージャーというたいへんな職務を担っている「あなた」を、とても尊敬しています。私自身がマネージャ-として苦悩しながら少しずつ変容していった経験があるだけに、マネージャーという職務に毎日取り組んでいるあなたを、私はとてもリスペクトしています。そして、かつて私が悪戦苦闘した役割をいま経験されているあなたに、私は共感を覚えます。

最近、仕事にヤリガイを感じていますか?

マネージャーというあなたの職務は、仕事の成果と社員の満足度に最も影響を与えるポジションです。あなたの存在が部下の姿勢や考え方を大きく変えることもあります。「あの上司の下で、私は変わった」とか「あのような上司に私もなりたい」などといった部下の方々の話を良く聞きます。少し大げさな表現かもしれませんが、あなたが担っているマネージャーという職務は、あなたの「生きざま」が周囲の人々に影響を与える仕事だと思うのです。だからこそ、あなたに期待することは、「この仕事に本当にヤリガイを感じている!」と言えるマネージャーになって欲しい、ということです。今の仕事にヤリガイを見いだす努力をして欲しいということです。

業務を成し遂げることを通して(同時に)部下を育てる

マネージャーの役割を大きく分類すると、「業務を成し遂げる」ことと「部下を成長させる」ことの2つです。私があなたに提供できることは、「部下を成長させるスキル」を提供してトレーニングすることです。そして、そのキーワードは『業務を成し遂げることを通して(同時に)部下を育てる』ということです。具体的にどのようにすればこれが実現するのかという「秘訣」を、このwebサイトや研修の場でお伝えしていきたいと考えています。


ぜひ「下村流MBO型コーチング」を知ってください!

下村流【MBO型コーチング】は目標達成と部下育成の2つを目的にした対話です。上司と部下が定期的に対話を行うことで、「仕事の成果」と「仕事のやりがい(成長実感・貢献実感)」を獲得することができます。ご興味がありましたら、お問い合わせフォームFacebookのメッセージからのお問い合わせを受け付けております。

戻る