下村裕篤について

マネージャーを目指す方へ〜下村からのメッセージ

目次

あなたが次に身につけることは、リーダー・シップとマネジメントの型ではないでしょうか?

私がマネージャーになる前には、「リーダー・シップの概念」も「マネジメントの方法」も全く知りませんでした。業務目標を達成することとプレイヤーとしての能力をあげることに終始していたからです。

マネージャーになった時もまさに我流でチーム運営を行っていました。すると、部下はヤル気を失い、仕事の成果は出ず、それでも何が原因なのかわからずに悩み苦しんでいました。

何事も基本の型は絶対に重要です。基本を身につけることから始めないととても遠回りをしてしまいます。これからマネージャーを目指すあなたが身につけるべきことは、リーダー・シップとマネジメントの基本型ではないでしょうか?

仕事と顧客、そして部下へのエンゲージメント(愛着心、きずな)はありますか?

より良いマネージャーになるためには、以下3つのエンゲージメントがあればいいと思います。あなたはどうですか?

「会社や仕事に対するエンゲージメント」
会社や仕事が夢中になるほどに好きであり、楽しいと思えることは、とても幸せなことです。そして、仕事がうまくいくための大きな理由でもあります。

「顧客に対するエンゲージメント」
顧客対する強い愛着は「顧客志向」のエンジンになります。顧客を気にかけて顧客のためにもっと工夫しようという行動につながります。

「部下や仲間に対するエンゲージメント」
部下や仲間に対して愛着を示す言動は、明らかに彼らのモチベーションを高めます。

相手に対する「愛着心やきずな」をすぐには持てないと思う人は、その相手のことをこれまでよりも「知る」ことから始めてみてはどうでしょうか。少しずつ近づいてみることで知らなかった好ましく思う部分を見ることができるかもしれません。マネージャーも通常はメンバーを選ぶことは難しいと思います。だからこそ、お互いに「快適な関係」を築けることに超したことはありません。チャレンジしてダメなら仕方がないと腹をくくって取り組んでみて下さい。

あなたがチームのメンバーの見本となって欲しい

身近に目指すべきモデルがいることで、人はとてもうまく成長できます。言葉で100回説明されるよりも、見本となる人の言動を数回見ることが理解を促進します。

あなた自身がエンゲージメントを高めることは、メンバーに対してのモデルとなり、エンゲージメントを高める方法と価値を目に見えるカタチで示すことになります。ぜひ、あなたがメンバーの見本となってください。そして、私があなたにできることは、このwebサイトや研修などを通して、あなたがマネージャーとして成功するための秘訣を伝えていくことです。


ぜひ「下村流【MBO型コーチング】」を知ってください!

下村流【MBO型コーチング】は、マネージャーが”職場”で”実践できる”コーチングとして開発したマネジメントスキルの1つです。「仕事のやりがい(成長実感・貢献実感・成果)」を獲得し、自己確信へ繋がる自己肯定感を高めることができます。ご興味がありましたら、お問い合わせフォームFacebookのメッセージからのお問い合わせを受け付けております。

戻る