下村裕篤について

プロフィール・経歴〜ひとりの人として

下村裕篤プロフィール写真

下村 裕篤(シモムラ ヒロアツ)
1957年11月7日 生まれ
株式会社フューチャー・ビジョン 代表取締役
国際コーチ連盟(ICF) プロフェッショナル認定コーチ


  1. 企業人としての職歴18年
  2. 専門家としての職歴16年
  3. コーチとして、コーチの教育者として
  4. ひとりの人として

ひとりの人として

読書が感じる力を育んでくれた

1957年三重県で生まれました。世界遺産でもある熊野古道からもほど近い熊野市が出身地です。

1984年に結婚。長女・長男を授かりました。

幼いころから本を読むことが好きで、最近でも小説からビジネス書や啓発書など多様な分野の本を読みます。小学生になったころに親がかなり無理をして買ってくれた「世界名作文学集」という本を毎晩読んで、そのストーリーに心を躍らせたり涙を流したりしたことが、自分の感受性を育んでくれ人生観にも大きな影響を与えてくれたと思っています。

今まで読んだ本の数は・・・数えられないですけれど、1万冊くらいにはなっているのではないでしょうか。若い頃は漫画もたくさん読みました。登場するヒーローに感化され、あんな人になりたいと心が動かされるような漫画もたくさんありました。

最近読んだ本で興味をそそられた分野は、易経、人間の意志、恐れへの対処、PDCA、ゴルフのスコアメイク、恋愛小説、老後破産、などですね。身につけたいと思うことが書かれている本は何回も読み直します。

お酒好き

お酒は何でも好きです。ビールから日本酒、ウォッカまで飲まないお酒はありません。大人数でワイガヤもいいですけれど、お酒をチビチビ飲みながら少数で語り合うことが一番楽しいです。

最近の楽しみ

また最近は、これまでに体験したことが少ない活動や場所に出向くことが増えてきました。例えば・・・クラシックコンサートに行き、初めてベートーベンの「交響曲第5番(運命)」を聴き、壮大な音のシャワーに感動しました。大相撲や社会人ラグビーを観戦して、日常では目にしない巨体の衝突に目を奪われました。ミュージカルにも出かけて、100名の人間が一斉に歌う迫力にこれまた感動。御朱印張なるものを持って神社仏閣を巡ることも、楽しみのひとつになりました。これまでは特に関心がなかったことも、実際に現地に出かけて体験してみるとなかなか興味深く、「50歳の手習い?」は随分と楽しいものだと知りました。

このWebサイトで何をしたいのか

たいへん遅ればせながら・・・ですが、私がこのWebサイトを使ってやっていきたいことがあります。

自分の思いや考えを言語化して、人の役に立ってみたい

感覚的にやってきたことでけっこううまくできることがたくさんあります。

自分の頭の中にだけ置いていた考えや思いを言語化することで、お客様や受講者の方々、そしてコーチやファシリテーターを目指す人に役立つ情報を発信する場にしたいと考えています。 情報を見て頂くことで、安心感を得たり、勇気が出たり、或いは問題解決のヒントになることを目指しています。

私にとっては新しいサービスの開発

発信した「知識情報」が人の成長や変容に役立つようになれば、私としては相当に達成感があると思います。私自身は「経験情報」から強く学んできたタイプだと思っていますが、ゴルフ指南書のようにプロの一言でハッと気づくこともあるのではとけっこう期待をしています。私にとっては新しいサービス開発ということになります。

これを書いている今は生みの苦しみ(笑)の時期

感覚的に捉えてきたことを文字にすることは、私にとっては大変な労力を要しています。この記事づくりにもかなり疲弊しています。やがて慣れていき、すいすいと書けるようになることを夢見て悪戦苦闘を続けています。

戻る