研修プログラム

エグゼクティブ・コーチング・プログラム

―講師と受講者がマンツーマンで行う問題解決ミーティング―

目次

構成

  1. 事前課題(実施の有無は任意)
    上司、部下、同僚へのアンケート(受講者に対する4つの期待)を実施
  2. 研修プログラム(下記参照)               講師と受講者がマンツーマンで行うコーチング
  3. 事後課題
    毎回のコーチングの中で設定した実行計画を職場で推進する

 ガイダンス/ゴール設定エグゼクティブ・コーチング
9:00













12:00
オープニング
  • ねらい、アイスブレイク
タイプ(気質傾向)診断

周囲からの4つの期待
  • もっとやって欲しいこと
  • もっと上手にやって欲しいこと
  • やって欲しくないこと
  • やり続けて欲しいこと
行動をふりかえる
  • 成果と勝因
  • 課題と敗因
重点課題
  • 現状分析
  • 対策立案
  • 意志決定

進め方をふりかえる
13:00








17:00
周囲の期待に応える
  • 変容したいこと
ゴールとアクションプラン

今後の進め方
(補足)
  • 受講者自身が主役です
  • 自ら考えることが求められます
  • 傾聴と質問を提供します
  • 率直なフィードバックを提供します
  • ブレーンストーミングを行います
  • 意志決定が求められます

本プログラムのねらい

管理職、経営幹部、後継者などを対象にして、周囲から期待される「行動」「考え方」「知識技術」などを獲得します。また、直面する問題解決と目標達成を目指します。

本プログラムの特徴

講師

16年の経験をもつプロコーチ&ファシリテーターである講師が非常に分かりやすく指導します

講師 下村 裕篤

株式会社フューチャー・ビジョン 代表取締役
国際コーチ連盟(ICF) プロフェッショナル認定コーチ

リーダーシップ、マネジメント、コミュニケーション、目標管理、問題解決、給与評価制度設計が専門。
2000社程にコンサルテーション、経営者を中心にマンツーマン・コーチングを5000回以上、
教育研修を300社以上に提供。成果の高さ、その人柄からリピート率が非常に高い。

講師について詳しくはこちら